離婚 財産分与

自分にとっての幸せは離婚すること?

バラ色の人生をスタートさせた二人も、小さなボタンのかけ違いから気が付くとほころびが気づかぬうちに修復不可能なほど大きくなってしまいます。お互いに思いやる気持ちが少しでも残っていれば、まだ歩み寄れるのですが…。

一方、パートナーの裏切りによって生活に波風が立ったり、暴力によって従わせられたり、家事をしない、子育てをしないなど家庭の基礎が崩れてしまったときは、歩み寄りなど考えることさえ不可能です。

「自分が我慢しさえすれば」とか「子供が大きくなるまでは」という考え方もありますが、そんな時こそ考えてください。

 自分にとって幸せとはなにか
 子供にとって何が一番良いことか

幸せとは体裁を繕うことではありませし、世間体を気にすることでもありません。

離婚するために行うこと−経済的自立と財産分与

パートナーと一緒にいることが幸につながらないという結論に達したら、すぐに離婚するのではなく、離婚するためには、何をすればよいかを考えましょう。今までは困ったことや自分だけでできないことは相手に協力で何とか解決できましたが、離婚を決意したら全部一人で行わなければなりません。

経済的自立はできるのか、働き口はあるのか、子供の親権は、養育費は、財産分与の仕方はなどなど、様々な不安を解消していく必要があります。これらを一つ一つつぶしていくには、知識も持ち合わせていない場合が多いですし、とても一人では難しいのが現実です。

それではどうするのが良いのかというと、離婚後の展望を実現するには、法律の専門家=弁護士に相談するのが一番早い方法です。一般に男性は自分から進んで弁護士に相談するする人は多くはありません離婚のためには早くから弁護士に相談、依頼することが離婚を有利に進めることになります。

離婚のための弁護士選び

離婚専門の弁護士はどこで探すのがいいか知っていますか?
家の近くや知り合いの弁護士がいればいいのですが、ほとんどの人は皆目見当がつきません。

そんな人にお勧めなのが日本法規情報の弁護士相談窓口案内です。

 ・日本全国の事務所から最適のところを案内してくれます。
 ・女性の弁護士や土日対応可能です。
 ・相談のみでも大丈夫です。


こちらの希望に真摯に対応してくれるので間違いありません。
離婚について悩んでいる人や離婚を決意した人は、迷わず相談だけでもしてみましょう。







 

サイトマップ

株取引がしてみたい